会社を知る

新たな中古不動産の価値創造企業を目指すムゲンエステート

ムゲンエステートグループはどんなことをしている会社?

首都圏1都3県における中古不動産の買取から再販を行っています。買取物件は、グループ会社の(株)フジホームによるバリューアップを行い、「再生不動産」として、国内外の投資家や一次取得者層、買い替え層へ販売しています。

東証一部へ市場変更を果たし更なる事業拡⼤へ

ムゲンエステートは、設立以来、「不動産買取再販事業」に特化してまいりました。そして2014(平成26)年6月には、目標としていた「東京証券取引所マザーズ市場」への上場を役員・社員全員で達成し、更には2016(平成28)年2月に念願であった「東京証券取引所市場第一部」への市場変更を果たしました。しかし一部上場はまだまだスタート地点に立ったに過ぎません。今後更に継続的な成⻑を実現し、「新たな中古不動産の価値創造企業」としての地位を確立してまいります。

ムゲンエステートのビジネス

ビジネスの重要なポイント①(仕入業務)

仕入業務では、主に不動産仲介会社から情報を得て、現地に⾜を運び、自らの目で物件を調査・評価します。マンション1室単位の「区分所有マンション」から、投資用不動産としてのマンションやビル一棟まで、価格帯は300万円から30億円までに及びます。優良な物件が仕入れられるか否かは、当社のビジネスにおいて、⼤変重要なポイントになります。

ビジネスの重要なポイント②(仕入後)

仕入れた後には、建物の外装及び内装工事を施し、その不動産の持つ価値を最大限に引き出します。投資用不動産では、賃貸入居率の改善につながるような内装工事を心がけています。そしてバリューアップした物件は、グループ会社(株)フジホームや外部の不動産仲介会社に販売を依頼し、お客さまに販売します。

事業・経営戦略を知る

経営基本戦略

ムゲンエステートでは「3つのS」をキーワードに事業を展開しています。
「経営のSpeed向上」による事業機関の短縮化、「社員のSkill向上」による人材としての経営資源の充実、「顧客のSatisfactionを追求」することによる、お客さま満足度の追求。それらをキーワードに、持続的成長を担保する収益基盤の確立を目指しています。

詳しくはこちら

首都圏ドミナント戦略

ムゲンエステートグループでは、今後の成長戦略の柱となる「1都3県の首都圏ドミナント戦略」に注力しています。
当社グループは、地方都市への商圏拡大(横展開)は行わず、すべての価格帯(縦展開)が揃う首都圏の中古物件の再生に経営資源を集中しています。

詳しくはこちら

2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催へ向けて

景気回復への期待や⾦利の先⾼感、消費増税の延期等を背景に、首都圏における中古住宅市場が大きく成長しています。首都圏の世帯数は増加傾向にあり、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催を追い風に、不動産市場の魅⼒が⾼まっています。また、ムゲンエステートグループの主要市場である、中古不動産という市場も、円安を背景とする海外の投資マネーの流入、相続増税対策としての高額中古不動産の購入、若い世代の年金対策としての不動産購入等により、非常に活性化をしてきています。

詳しくはこちら

採用情報に関するお問い合わせ

株式会社ムゲンエステート
株式会社フジホーム

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町三丁目19番3号
ムゲン日本橋ビル

総務部人事法務課:採用担当
TEL:03-5623-7442 (代表)(受付時間:水・日除く9時〜18時)
ページトップへ